リアルタイムの在庫管理でロス率改善、販売意識も向上した。

販売管理・在庫管理システム導入事例

株式会社エクスポート様 システム導入事例

リアルタイムの在庫管理でロス率改善、販売意識も向上した

横浜ランドマークタワーや赤レンガ倉庫など、横浜に直営4店舗を展開するエクスポート。
グラフィックデザイナーの中川憲造社長を中心に開発・販売するオリジナル商品は、
知的でユーモアを感じさせる横浜土産として評判が高い。直営店運営のほか、卸や通販、外商も行っている。

導入の背景

以前、店舗の販売管理は、諸事情から2社のPOSシステムを使っていた。いずれも販売数などのデータは翌日集計で、2つのデータを集約する作業が必要だった。

また、卸部門の商品管理にはパソコン用の汎用ソフトを使用し、倉庫での日々の入出庫の記録は手書きだった。全体の在庫把握には数日かかり、業務に支障を来していた。

6、7年前から、店舗と卸業務をトータルで管理できるシステムを探し始め、2007年、アイルの在庫管理システムと同社の店舗管理システム「POSCM」(ポスカム)を連携させた一元管理システムを導入した。

導入の効果 (1)

業務効率アップ、ロス率改善

本格稼動は08年9月。毎日の商品ごとの入出庫や在庫数、売上、廃棄などのデータがリアルタイムで自動集計される。データを見ることで発注のタイミングが分かるようになり、本部による発注精度が向上。ロス率が約1%下がったという。

週次・月次の経営報告書も、以前はFAXから手入力し、各システムのデータを集約していたが、短時間でできるようになった。

年2回の棚卸では、作業時間が大幅に短縮された。以前は元データの信頼性が低く、元データと実数が合わない原因の特定が難しかった。導入後は異常数値を随時発見、修正できるため、整合性が高まった。

さらに、棚卸し結果を約1ヶ月かけて本部でまとめていたが、今ではボタン一つで集計可能。大幅な業務改善につながった。

導入の効果 (2)

販売意識向上も大きな成果

本部の丸山理恵さんは、「ハード面だけでなく、販売スタッフの意識が変わって売場からの提案が生まれるなど、予想していた以上の効果です」と言う。

時間帯別売上げ推移、販売数、在庫数、他店の情報などを店舗で常に確認できることで、スタッフがレイアウト変更や店舗間移動を積極的、戦略的に実施するようになったという。

中川社長は、これらのデータを毎日スマートフォンで閲覧している。

「日ごろから頻繁に各店舗を見回っているので、データを見れば各店舗の商品の動きが手に取るように分かります。意外な商品がランキング上位にくるなど、日々発見があります。アナログな観察とシステムによるデータ把握を組み合わせることが大切です。」
と語る。

在庫管理業務の飛躍的向上で、本来の商品開発、販売業務に集中できるようになった。

商業界2010年11月号エクスポート様導入事例

商業界2010年11月号掲載 エクスポート様 導入事例(PDF)

get adobe readerPDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要になります。
PDFファイルをご覧になることが出来ない場合は、
こちらよりAdobe Reader(無償配布)を ダウンロードして下さい。
ファッションプロジェクトチーム 北川大地
ファッションプロジェクトチーム
北川 大地
株式会社エクスポート 会社概要
会社名:
代表者:
所在地:
設立年:
URL:
株式会社エクスポート
中川憲造
神奈川県横浜市中区海岸通4-24万国橋SOKO
1993年3月8日
http://www.xport.jp/
お電話からのお問い合わせ お問い合わせフォームへ
クラウド運用
システム導入事例集ダウンロード一覧

株式会社エクスポート様 システム導入事例|販売・在庫・生産管理システム「アラジンオフィス」
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。
株式会社エクスポート様 システム導入事例のページ上部へ