MENUMENU

アパレルシステム導入事例:スターマース(STAR MARS)様
アパレル向け在庫・販売・店舗管理システム「アラジンオフィス for fashion」

スターマース(STAR MARS)様

システム導入事例

スターマース(STAR MARS)様

スターマース(STAR MARS)様 システム導入事例

スターマース(STAR MARS)様導入事例スターマース(STAR MARS)様導入事例

導入の背景

システム導入前はExcelを使用。在庫をリアルタイムに把握できなかった。

スターマース(STAR MARS)様事例ODM卸をはじめ、OEM(相手先ブランドによる企画・設計・生産)、自社のPBまでを幅広く手掛けるスターマース様。事業拡大を進める上でボトルネックになっていたのは、業務管理システム。特に在庫管理だった。

売上・入金・在庫が別々のシステムで管理されていたため、システム間の二重入力や入力漏れが発生しやすく、必然的に金額や数量の不一致も多発していた。とりわけ在庫に関しては、Excelを使用していたもののほぼ手書きに近い状況であった。

商品ごとに作成したシートに、商品情報や得意先から受けたオーダーを入力。その後、得意先に出荷予定日を連絡。出荷依頼書を倉庫へFAXし、納品書を発行するため売上システムに同じ内容を入力、という作業を繰り返さなければならなかった。

当時は消化取引の在庫数に注意する必要があったが、紙の在庫一覧表ではリアルタイムに在庫を把握できなかった。

業務全般をカバーできるシステムを希望

「最初の頃は取引の在庫量も少なく、Excelで十分対応できていた。しかし取引が増えるにつれアクセス回数が増え、Excelファイル自体が度々壊れることがあったため、防止策として同時編集を禁止していた。それによって在庫参照の順番待ちができ、お客様からの在庫問合せに即答できないことは日常茶飯事だった。」

と、吉田取締役は当時を振り返る。

数社のパッケージシステムを検討するも、展示会受注や発注(製造)検討、消化在庫など、製造から小売の業務を幅広くカバーできる、同社の業務にフィットしたシステムをなかなか見つけられずにいた。

導入の決め手

適用範囲の広さと柔軟さ、心強いサポートが決め手に

スターマース(STAR MARS)様事例そんな時、偶然インターネットでアイルの「アラジンオフィス」を見つけ、その後アイル担当者と話をしていくうち、パッケージシステムでありながら業務に対する適用範囲が広く驚いたという。柔軟にカスタマイズができることも魅力的だった。

また、今後同社が力を入れていこうとしていた店舗管理が、きめ細かい分析機能をはじめとした、充実したオプション機能で行える点もポイントであった。

さらに決め手となったのは、サポート体制の充実である。パソコンに詳しい社員がいなかったため、ハード・ソフトに関わらず、システムに関することはアイルに電話をすれば、訪問や遠隔操作で解決してもらえる体制が心強かった。

システムに慣れるまでは手間取ることもあったが、訪問や電話による細かいサポートを受け、計画通り稼働させることができた。導入後も、サポートダイヤルに電話をすると不明点をすぐ解決してもらえている。

現在では、誰もがいつでも即座に在庫確認をできるようになり、得意先を電話口で待たせることもなくなった。

導入の効果

本社と営業所、物流倉庫を連携。作業効率と在庫精度がアップ。

スターマース(STAR MARS)様事例第1ステップでは、神戸本社と東京営業所を結び5台の入力端末からスタートしたが、第2ステップで本社と神戸の物流倉庫をネットワークで結び、物流倉庫のパソコンへ出荷指示を自動で行えるようにした。さらに、入出荷の入力も物流倉庫側でリアルタイムに処理できるようにした。

これにより一層の事務所作業の効率化と、在庫精度の向上を実現。現在は総入力端末が20台までになった。事務所ではデュアルモニターを使用することにより、受注担当者や営業が常に在庫確認画面を起動させたまま、その他の入力作業を処理できるようになった。

そのため、得意先からの在庫や納期の問合せに対してより迅速な対応を実現することができた。

店舗では購買分析が、営業はカタログの自動作成が可能に。

スターマース(STAR MARS)様事例店舗においては、月次や週次・シーズンごとにブランドやアイテム別の売れ筋、購買分析が可能になったことで、店舗ごとに効果的な戦略を打てるようになった。

営業においても、システム導入前は営業用のカタログをExcelで作成しており、かなりの時間を費やしていた。

しかし導入後は、「商品カタログ発行機能」を利用し、自動的に在庫のある商品のみの画像つきカタログを作成できるようになり、営業活動に集中できる環境が整った。

今後の展開

今後は店舗数を拡大。さらに管理の精度を上げる方針。

「今後は今以上に在庫管理の精度を上げることを目指す。」と吉田取締役は話す。そのため、社内体制を整えていきながらハンディを使用したバーコード管理を行いたいという。

百貨店・路面店を倍増させていく計画があり、今後は出店のペースを今以上に上げる。ブランドも新たに立ち上げる予定があり、小売に注力していく方針だ。

ポイント管理やメール配信などのCRMも、「アラジンオフィス」と連携させていきたいという。

アイルの担当者紹介

  • ファッションプロジェクトチーム 洞出昭久
    ファッションプロジェクトチーム
    洞出 昭久

会社概要

会社名 株式会社スターマース
代表者 徐 定華
所在地 兵庫県神戸市中央区八幡通3-1-14 サンシポートビル3F
設立年 2006年8月25日
URL http://www.star-mars.com
資料請求 & お問合せ
ファッション向けトータルソリューションマップダウンロード
ファッション向けシステム導入事例集ダウンロード

スターマース様 システム導入事例│アパレル業界向け販売・在庫・店舗管理システム「アラジンオフィス for fashion」
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理・販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理・販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。
PAGE TOP