MENUMENU

ハンディ・バーコード活用システム│
アパレル向け在庫・販売・店舗管理システム「アラジンオフィス for fashion」

ハンディ・バーコード活用システム

ハンディ・バーコード
活用システム

ハンディ・バーコード活用システム

ハンディ・バーコード活用システム

ファッション・アパレル業界におけるハンディターミナル・バーコード活用法についてご紹介。
ハンディ・バーコードを利用して売上・仕入・移動の処理や出荷検品、棚卸業務を行うことによって業務処理の簡略化、ミス・工数の削減に繋がります。また、パッケージにオプション化されているため、手軽な導入を実現。

ハンディ・バーコード活用システム
ハンディ・バーコード活用システム

このような課題・ご要望にお応えいたします。

  • 1
  • アイテム数が多くなり手作業での管理が難しくなってきた。
    商品をバーコード化して、ミスの削減・効率UPを実現したい。
  • 2
  • 出荷時に本部の出荷指示データと実際の商品とで、
    システム上で検品を行う事で、ピッキング作業の精度UPを実現したい。
  • 3
  • 店舗への出荷(移動)の際に、システムへ手入力している作業時間がもったいない。
    バーコード導入により二度手間を無くし、効率UPを実現したい。
  • 4
  • 棚卸業務に膨大な時間がかかっているため、
    ハンディーターミナルを導入して作業効率をUPさせたい。

ハンディ・バーコードを利用した売上(返品)・仕入(返品)・移動

売上・仕入・移動の処理をハンディーターミナルで行う事が可能です。

得意先(店舗)からの返品時や、仕入先に対しての返品時にもハンディーターミナルを活用する事が可能です。
商品をバーコード化する事で、業務処理を簡略化出来、ミスの削減に繋がります。

ハンディ・バーコードを利用した 出荷検品

ピッキングリストに印字されているバーコード(出荷指示情報)を読み込みした後に、実際に出荷する商品のバーコードを読み込みする事で突合せを行う事が出来ます。

実際の出荷指示と出荷する商品の内容が違う際にエラーになる「バイブレーション機能」を搭載しています。
意識せずに検品が可能になるので、格段に出荷精度がアップします。

ハンディ・バーコードを利用した 棚卸

棚卸業務をハンディーターミナルで行う事が可能です。置き台からデータ送信する事でシステム在庫に反映されます。実際の在庫との差異を確認する事が可能です。
また、実施日が月末を前後しても、その間の出荷・入荷・移動を加味して、月末時点での理論在庫を割り出して確定データとすることも可能です。

資料請求 & お問合せ
ファッション向けトータルソリューションマップダウンロード
ファッション向けシステム導入事例集ダウンロード

ハンディ・バーコード活用システム│アパレル業界向け販売・在庫・店舗管理システム「アラジンオフィス for fashion」
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理・販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理・販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。
PAGE TOP