MENUMENU

よくある課題:
大手量販店との取引でのEOS(EDI)・流通BMSとシステムを連携したい

よくある課題

よくある課題

よくある課題

よくある課題:大手量販店との取引でのEOS(EDI)
・流通BMSとシステムを連携したい

  • 課題内容
  • 量販店との取引で、EOS(EDI)・流通BMSに
    対応しなければならない
  • 販売管理との連携が出来ていないためデータ受信や伝票発行など多くの手間が発生している。
    各量販店ごとのバラバラな管理となっているため、管理が煩雑になっている。
  • 解決方法
  • EOS(EDI)・BMS専用ソフトとシステムを
    連携させることで管理を簡素化
  • 各量販店からのデータを専用ソフト一本に集約しデータを管理出来ます。
    データ送受信から伝票発行まで一連の業務を簡素化でき、多数ある量販店の一つ一つを作り込む必要がなくなるため、コストダウンも可能です。
  • 本部の課題
  • 本部の課題
資料請求 & お問合せ
ファッション向けトータルソリューションマップダウンロード
ファッション向けシステム導入事例集ダウンロード

よくある課題:大手量販店との取引でのEOS(EDI)・流通BMSとシステムを連携したい│アパレル業界向け販売・在庫・店舗管理システム「アラジンオフィス for fashion」
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理・販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理・販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。
PAGE TOP