MENUMENU

よくある課題:
展示会後の集計作業を効率化したい

よくある課題

よくある課題

よくある課題

よくある課題:展示会後の集計作業を効率化したい

  • 課題内容
  • 展示会後の集計作業をExcelや手作業で行っており、
    時間や手間がかかる
  • 得意先からのオーダーシートの集計に時間がかかっている。
    受注実績の確認や発注数量の検討を早めに行いたいので、展示会後はかなりの時間をかけている。
  • 解決方法
  • 受注登録をシステムで行うことで集計作業を簡易化
  • 得意先ごとの受注入力をすることで、商品ごとの集計表の出力が可能です。そのまま発注数量の検討表にも活用出来ます。
    受注データはそれ以外にも入荷前後の得意先への振分データへの活用も可能です。
    また、受注から売り上げ(出荷)までシステムが連動しているため、売上後は受注残の消込を行い、未出荷数の確認も可能となります。
  • 本部の課題
  • 本部の課題
資料請求 & お問合せ
ファッション向けトータルソリューションマップダウンロード
ファッション向けシステム導入事例集ダウンロード

よくある課題:展示会後の集計作業を効率化したい│アパレル業界向け販売・在庫・店舗管理システム「アラジンオフィス for fashion」
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理・販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理・販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。
PAGE TOP