アラジンオフィス 5つの特徴│
食品業界向け販売・在庫・生産管理システム「アラジンオフィス for Foods」

販売・在庫・生産管理システム「アラジンオフィス for Foods」の特徴

アラジンオフィス 5つの特徴

販売・在庫・生産管理システム「アラジンオフィス for Foods」の特徴

食品業界向けシステム「アラジンオフィス for Foods」の特徴について。出荷期限管理(1/3ルール、1/2ルール)に対応、荷姿管理(バラ・ボール・ケース)に対応、ハンディターミナル連携が可能、生産管理、原価シミュレーション管理が可能、Web受発注システムとのシームレス連携が可能。

アラジンオフィス for Foods
5つの特徴

  • 出荷期限管理(1/3ルール、1/2ルール)に対応
    出荷期限管理(1/3ルール、1/2ルール)に対応

    取引先ごとに1/3ルール、1/2ルールなどの納入できる賞味期限の残日数設定が可能です。年々厳しくなってきている賞味期限への対応を細やかに管理することができます。

  • 荷姿管理(バラ・ボール・
    ケース)に対応
    荷姿管理(バラ・ボール・ケース)に対応

    同一商品コードで、商品の荷姿(バラ・ボール・ケース等)別の単価設定や在庫管理が可能です。販売・購買・在庫それぞれの業務において基準単位を設定することが可能で、単位選択時の入力支援機能もついています。

  • ハンディターミナル連携が可能
    ハンディターミナル連携が可能

    受注(発注)情報に基づき、ハンディターミナルにて在庫管理、出荷(入荷)検品/棚卸を行うことが可能です。

  • 生産管理、原価シミュレーション管理が可能
    生産管理、原価シミュレーション管理が可能

    構成原料や経費項目を自由に組み替えることで製品の原価をシミュレーションすることが可能です。登録した製品原価は一覧を“原価シミュレーションリスト”として帳票出力ができます。

  • Web受発注システムとの
    シームレス連携が可能
    Web受発注システムとのシームレス連携が可能

    注文形態のWeb化、商品情報の提供、スマートフォンに対応した注文&商品情報システムです。膨大な朝の受注処理の負担を削減。得意先からの商品情報確認や在庫確認に対し、WEB上で24時間対応することが可能です。


食品向け在庫管理機能│食品業界向け販売・在庫・生産管理パッケージシステム「アラジンオフィス for Foods」
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理・販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理・販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。
PAGE TOP