輸入按分処理を効率化させたい│
食品向け在庫・販売・生産管理システム

食品業界のよくある課題

食品業界向けよくある課題

輸入按分処理を効率化させたい

食品業界のお客様からよく聞く「輸入按分処理を効率化させたい」という課題の内容。食品業界向け販売・在庫・生産管理システム「アラジンオフィス for Foods」を利用した解決方法をご紹介します。

食品業界のよくある課題やご要望

輸入按分処理を効率化させたい
課題詳細

輸入業務を行っており、輸入の際に様々な原価が発生。
コンテナ単位(契約No.・ロットNo.単位)での原価を商品明細ごとに按分することで正確な粗利を算出することが可能なため、按分処理を手計算で行っていた。

解決方法
按分処理機能を追加することで、
ロットNo.単位で明細に原価を按分することが可能になります。

諸掛ごとに原価を登録し、該当ロットを引き当てることで、商品の数量(重量)毎に自動で按分処理が行われます。正確な利益管理を効率的に行うことが可能になります。

輸入按分処理の効率化

仕入計上時に登録した、Invoice No.を呼び出し、諸掛の支払先/諸掛金額を登録します。契約No.を呼出し参照すると、契約No.に紐付く仕入明細が表示されます。諸掛合計金額を単量で割った金額に明細の重量をかけ、按分金額を算出します。
按分された諸掛は、仕入原価にプラスされるので、より正確な利益を確認することが可能になります。

※仕入原価に乗せるかどうかは、お客様によって選択可能です。


輸入按分処理を効率化させたい│食品業界向け販売・在庫・生産管理パッケージシステム「アラジンオフィス for Foods」
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理・販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理・販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。
PAGE TOP