銀行の入金データを別で管理しており、販売管理での消し込みが手間│
食品向け在庫・販売・生産管理システム

食品業界のよくある課題

食品業界向けよくある課題

銀行の入金データを別で管理しており、販売管理での消し込みが手間

食品業界のお客様からよく聞く「銀行の入金データを別で管理しており、販売管理での消し込みが手間」という課題の内容。食品業界向け販売・在庫・生産管理システム「アラジンオフィス for Foods」を利用した解決方法をご紹介します。

食品業界のよくある課題やご要望

銀行の入金データを別で管理しており、販売管理での消し込みが手間
課題詳細

銀行の入金管理システムを導入しているが売掛残管理は販売管理上で行っているため、銀行の入金管理システムのデータを確認しながら入力を行っている。紙ベースの入金情報と同様になっているため、システム導入のメリットが活かせていない。

解決方法
「アラジンオフィス」では、様々なデータとの連携が可能です。

銀行の入金管理システムとの連携も多数あります。例えば、伝票ごとに入金管理を行っているお客様でアラジンオフィスの個別入金を利用し、入金管理システムのデータを取込み、自動で消し込むという事例もございます。

銀行の入金データを別で管理しており、販売管理での消し込みが手間

銀行でご利用されている、入金管理システムのデータをアラジンオフィスに取込み、自動で消し込み処理を行います。マッチングしないデータに関してはエラーリストを元に、入金引当画面にて手動での消し込みが可能です。


銀行の入金データを別で管理しており、販売管理での消し込みが手間│食品業界向け販売・在庫・生産管理パッケージシステム「アラジンオフィス for Foods」
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理・販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理・販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。
PAGE TOP