物流在庫と資産在庫が把握できない│
食品向け在庫・販売・生産管理システム

食品業界のよくある課題

食品業界向けよくある課題

物流在庫と資産在庫が把握できない

食品業界のお客様からよく聞く「物流在庫と資産在庫が把握できない」という課題の内容。食品業界向け販売・在庫・生産管理システム「アラジンオフィス for Foods」を利用した解決方法をご紹介します。

食品業界のよくある課題やご要望

物流在庫と資産在庫が把握できない
課題詳細

納品時検収を行っており、月末時点で資産としなければいけない資産在庫と、
純粋に倉庫に今ある在庫数の区別がシステムで把握できない。

解決方法
「アラジンオフィス」では、様々なデータとの連携が可能です。

検収の方法が納品時検収で、例えば10個の在庫のある商品を月をまたいで、 出荷売上の場合物流在庫としては9個になりますが、資産在庫としては、月末時点ではまだ未検収のため10個になります。 それを資産在庫は「在庫一覧表」、物流在庫は「現在庫一覧表」にて把握することが可能です。

物流在庫と資産在庫の把握

物流在庫と資産在庫が把握できない│食品業界向け販売・在庫・生産管理パッケージシステム「アラジンオフィス for Foods」
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理・販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理・販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。
PAGE TOP