複数の伝票を同時に処理させたい│
食品向け在庫・販売・生産管理システム

食品業界のよくある課題

食品業界向けよくある課題

複数の伝票を同時に処理させたい

食品業界のお客様からよく聞く「複数の伝票を同時に処理させたい」という課題の内容。食品業界向け販売・在庫・生産管理システム「アラジンオフィス for Foods」を利用した解決方法をご紹介します。

食品業界のよくある課題やご要望

複数の伝票を同時に処理させたい
課題詳細

通常の販売管理システムでは、1得意先に対し複数商品を入力することで1伝票が出来上がるのが一般的だが、一度の入力で複数得意先に対して複数商品を入力し複数伝票を作成したい。

(例えば病院関係で患者・従業員・受託業者に対する伝票処理をしている場合、学校関係で複数の学校に同じ商品を納めており同じ内容を繰り返し入力している場合などに良く頂くお声です。また、青果業などの商品で担当者が異なる場合や弁当・仕出業などで良く頂くお声です。)

解決方法
イージーオーダーパッケージである為、柔軟な計上画面の変更が可能です。

例えば商品を軸に複数の得意先に対して数量を入力していく方式や、複数得意先と複数商品を組み合わせた入力方式なども導入事例を持っております。

伝票処理が多い食品業界様で自社に合わせた入力形態を取れるご提案により負荷が軽減されます。

複数伝票の同時処理

一括受注計上画面になります。商品を軸とし、複数の得意先に対する伝票入力が可能です。
商品で担当者が決まっている青果業や、同じ商品を複数の得意先へ出荷する病院・学校関係などへの納入業の場合に、入力をスムーズにする為の機能になります。


複数の伝票を同時に処理させたい│食品業界向け販売・在庫・生産管理パッケージシステム「アラジンオフィス for Foods」
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理・販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理・販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。
PAGE TOP