週間単位での未来の在庫を把握したい│
食品向け在庫・販売・生産管理システム

食品業界のよくある課題

食品業界向けよくある課題

週間単位での未来の在庫を把握したい

食品業界のお客様からよく聞く「週間単位での未来の在庫を把握したい」という課題の内容。食品業界向け販売・在庫・生産管理システム「アラジンオフィス for Foods」を利用した解決方法をご紹介します。

食品業界のよくある課題やご要望

週間単位での未来の在庫を把握したい
課題詳細

日配業者などでは、日々、出荷・入荷が行われ商品御流動率が非常に高い為、在庫管理が複雑で納品商品の在庫がなかったり、注文商品の得意先指定納期次第では発注商品の納品が間に合う為、受注可能なのに予定在庫が把握できていなかった為に、販売機会損失をしてしまったりすることがある。

解決方法
「週間在庫問合せ」機能により、課題を管理する事ができます。

この機能は指定した日付から先1週間の在庫を、発注残・受注残を加味した形で表示します。
そのため未来の在庫が管理出来るので、在庫不足を無くすことが出来たり、未来の販売可能数を把握することで販売機会損失をなくすことが可能になります。

週間単位での未来在庫

在庫の確認を週間単位で確認することが可能になります。表示開始日付の指定日以降1週間の在庫状況を表示します。受注残数/発注残数/入庫数/出庫数/在庫数を日別で表示するので、より正確な在庫確認が可能になります。


週間単位での未来の在庫を把握したい│食品業界向け販売・在庫・生産管理パッケージシステム「アラジンオフィス for Foods」
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理・販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理・販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。
PAGE TOP