生産管理システム「電脳工場」の機能紹介。 中堅・中小製造業様向け生産管理システム「電脳工場」を株式会社アイルがご提供。

  • 特徴
  • 機能紹介
  • ラインナップ
  • 導入実績
  • 導入スケジュール
Factory-ONE 電脳工場の『全体システム関連図』
全体システム関連図イメージ
Factory-ONE 電脳工場の『サブシステム』
サブシステムイメージ

サブシステム名 機能概要
原価見積 品目構成マスタを利用して積上方式での原価見積を行います。見積書の作成を行います。
生産計画 工場全体の基準生産計画立案を支援します。製品在庫データより生産計画を自動生成(マニュアル登録も可)することが可能です。生産計画入力では、在庫推移を確認しながら数量や納期の調整をカレンダ形式で行えます。
受注管理 受注情報の管理や受注状況に応じて計画されたオーダー(計画製番)の管理を行います。本サブシステムを運用することにより、受注残管理・在庫の引当・引落に伴う有効在庫及び実在庫管理・配送手配・納期変更・履歴確認や納期遅延警告を行うことが可能となります。
基準情報管理 生産管理に必要な各種マスタデータを管理します。
■MRP管理:主に品目マスタ・品目構成マスタを中心とした基準情報をデータベースに格納し、立体的なメンテナンスを行います。
■製番管理:主に図面マスタ・手配マスタ・取引先マスタを中心とした基準情報をデータベースに格納し、平面的なメンテナンスを行います。
資材所要量計画 ■MRP管理:立案された基準生産計画に基づき、所要量計算(MRP処理)を行います。階層型部品表(ストラクチャー型)を基に、レベル毎の総所要量から在庫引当分を差し引いた正味必要量を算出し、期間まとめやロットのまるめを行って発注予定データが作成されます。
■製番管理:個別受注生産型の運用を行う場合に使用するサブシステムで、製番毎に部品や材料の購入依頼・在庫引当及び、内外作の製造手配業務を行います。製番の配下には複数の構成(ユニット)を持つことが可能です。また、発注点を割った在庫品を自動手配することも可能です。
在庫管理 ■MRP管理:在庫は品番別・場所別・一段階/多段階展開(親子関係)・受払明細(予定と実績)の照会など、実在庫と有効在庫を多面的に検索することが可能です。入出庫は受入入力や出荷入力など、各サブシステムと連動して更新されています。また、在庫調整や在庫移管・在庫棚卸にも対応しています。
■製番管理:在庫は品番別・場所別・受払明細(予定と実績)の照会など、実在庫と有効在庫を多面的に検索が可能です。入庫処理は受入入力で行い、出庫処理は製番・構成別ピッキングデータの実績を入力することによって行います。また、在庫調整や在庫移管にも対応しています。
手配管理 ■MRP管理:立案された基準生産計画に基づき、所要量計算(MRP処理)を行います。階層型部品表(ストラクチャー型)を基に、レベル毎の総所要量から在庫引当分を差し引いた正味必要量を算出し、期間まとめやロットのまるめを行って発注予定データが作成されます。
■製番管理:個別受注生産型の運用を行う場合に使用するサブシステムで、製番毎に部品や材料の購入依頼・在庫引当及び、内外作の製造手配業務を行います。製番の配下には複数の構成(ユニット)を持つことが可能です。また、発注点を割った在庫品を自動手配することも可能です。
負荷管理 負荷に関しては、日別に設定された手配先別の保有工数(所定工数+調整工数)と、指示残数と基準情報の標準工数(段取と加工)から単純山積計算された負荷工数とを対比して負荷率を算出(照会・調整)します。
設備管理 設備の登録や加工能力の管理を行います。製造品目と設備の相関関係の管理が実現します。
冶工具管理 専門工具や金型などを登録し、使用予定日や外注先への貸与に伴う所在管理を行います。
金型の場合はメンテナンスの履歴や予定の管理可能です。
作業管理 ■製番管理:内作の工程手配情報を作業指示書として出力します。作業指示書に対して実績入力を行うことにより、作業進捗状況の管理を行うことが可能です。また、入力データの科目及び金額等は同時に個別原価計算へ反映されます。
発注管理 手配情報を確定することにより、資材購入・外注依頼の発注(指示)情報を生成します。【MRP運用の場合、外注への依頼と同様に、社内への工程指示も発注として扱います】発注先は最も安い購入先を自動選択させることが可能です。発注書を一品一葉のバーコード付ターンアラウンド伝票とすることにより、受入業務の省力化を実現します。
受入管理 購入品・外注加工品の受入を行います。【MRP運用の場合、社内工程への出来高入力も行います】また、発注先や製番等の各種条件指定が可能な一括受入にも対応しています。購入品や外注加工品は、”受入=仕入モード”で受入をすることにより仕入入力を省略することも可能です。
仕入管理 購入品や外注加工の仕入計上を行います。最終的な仕入金額はここで確定させます。
分割検収に対応できます。仕入実績データは各種一覧表に出力されます。
買掛管理 買掛締処理を行い、買掛元帳・買掛明細表・買掛管理表を作成します。
支払管理 買掛金への支払の消し込みを行います。
仕入分析 購入予定に対する購入実績の対比、前年度対比などを通じて、細やかな仕入実績分析を行います。分析データはグラフや一覧表形式で出力されます。
進捗管理 進捗に関しては、ガントチャート形式で、作業指示及び実績を対比して照会することが可能です。オーダー単位での遅延が一覧できます。
外注管理 外注への手配業務及び、発注に伴う支給(有償・無償)の管理を行います。
無償支給品は支給先を在庫場所として在庫管理が可能です。
品質管理 検査実績入力で不良に関する情報を入力します。発生した不良は品目別や工程別・設備別などのキーに集計されます。
原価管理 標準原価管理システム(MRP管理)ストラクチャー型品目構成を元に材料費・加工費・経費の標準単価を積算し、品目別標準原価を計算します。品目別工程別標準原価照会や、得意先別・数量別の受注金額による利益計算シミュレーションも行えます。
個別原価管理システム製番別個別原価集計を行います。材料費(仕入金額・在庫払出金額)・加工費(作業日報チャージ額)・経費(外注仕入金額)・間接費をリアルタイムで製番別に実際原価として集計し、見積金額や手配金額(見積原価・実行予算)と対比させます。
出荷管理 受注に対して出荷処理を行います。出荷時の分納や打ち切りにも対応します。”出荷=売上モード”で出荷をすることにより、売上入力を省略することも可能です。また、共通製番を採番することで、受注入力を伴わずに出荷することも可能です。
請求管理 同一請求先には最大3日/月の締日が設定できます。
売掛管理 売掛締処理を行い、売掛元帳・売掛明細表・売掛管理表を作成します。
入金管理 売掛金の支払消し込みを行います。
入金明細入力では、同一の支払に対し、複数の支払方法を起こすことができます。
  • 電話での資料請求・お問合せ
  • 資料請求・お問合せフォーム