見積管理業務のよくある課題

見積管理業務に関してよくある課題

現状、抱えている見積管理業務に関するお悩みに対して

見積管理業務に関してのよくある課題と、その解決方法をご紹介いたします。

    • 営業や得意先によって見積フォームが異なる。
    • 自社で帳票を作成できる機能を装備しているため営業や得意先によって異なる見積フォームを作成可能です。

    • 見積の状況把握を行い、経営戦略や意思決定に繋げたい。
    • 成約・未成約・検討中…等々見積状況を把握することが可能です。

    • 見積の情報共有を行いたい。
    • 特定の人でなくても見積の情報・状況を把握、共有することが可能です。

    • 注意事項や共有事項も管理したい。
    • 伝票明細単位に注意事項を共有できる付箋機能で対応可能です。また、伝票単位に自由に情報を入力できる拡張項目もご利用頂くことが可能です。さらに管理項目の追加も容易に行うことが可能です。

    • 見積から受注へ連携したい。
    • 見積データは受注データや売上データへと連携可能なため、再度、受注伝票や売上伝票を入力する必要がありません。また過去に作成した見積データを引用して簡単に見積書作成することも可能です。

    • 仕入先へ見積依頼を行いたい。
    • 得意先に対しての見積だけでなく仕入先に対しての見積依頼も作成することが可能です。

    • 印刷やファックス送信の手間や無駄を省きたい。
    • 見積データを作成後、直接メール送信することも可能です。

【販売管理・在庫管理業務に関してよくある課題】

お電話からのお問い合わせ お問い合わせフォームへ
クラウド運用
システム導入事例集ダウンロード一覧

現状抱えている
業務課題に対して

現状システムの
お悩みに対して


見積管理業務に関してよくある課題|在庫・販売・生産管理システムのアラジンオフィス
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。
見積管理業務に関してよくある課題のページ上部へ