受注管理業務のよくある課題

受注管理業務に関してよくある課題

現状、抱えている受注管理業務に関するお悩みに対して

受注管理業務に関してのよくある課題と、その解決方法をご紹介いたします。

    • EDI・EOS・流通BMSとの連携が必要。
    • EDI・EOS・流通BMSはもちろんのこと、自社のWEB受発注システムの構築・連携も可能です。

    • FAXやメールの注文が多いため自社システムに入力する手間が生じている。
    • Web受発注システムの構築・連携も可能です。

    • 注文請書や納期回答をする必要がある。
    • 注文請書の発行・納期回答データの作成も可能です。

    • 受注生産、特注品、受発注商品がある(在庫をあまりもたない)。
    • 受注と同時に発注データを作成できる「受発注同時処理」機能はもちろんのこと、プロジェクト管理、案件管理をすることが可能です。そのため受注に対しての原価も管理することが可能です。

    • 多品種小ロットのため入力の手間が生じている。
    • 商品の複数検索可能が可能です。

    • 同一伝票で納品先や出庫する倉庫が異なる。
    • 伝票の明細単位で納品先や倉庫を変更することが可能なため同一伝票複数納品先、倉庫の選択が可能です。

    • いつも決まった受注のお客様の入力を簡素化したい。
    • 過去の受注伝票を参照してリピート・一部変更・追加入力が可能なため短時間で入力が可能です。

    • 修理受注・委託受注の管理も行いたい。
    • 無償修理・有償修理への対応、修理依頼書の発行、委託受注の管理も可能です。

    • 注意事項や共有事項も管理したい。
    • 伝票明細単位に注意事項を共有できる付箋機能で対応可能です。また、伝票単位に自由に情報を入力できる拡張項目もご利用頂くことが可能です。さらに管理項目の追加も容易に行うことが可能です。

    • 在庫確保をしたい。
    • 受注時に在庫の確保を行い、現在庫から受注数を差し引いた有効在庫数の管理を行うことが可能です。また個別確保も可能です。

    • 外貨取引がある。
    • 外貨入力も可能です。また事前設定した外貨別レートで円建ての自動計算も可能です。

    • 図面や指示書もまとめて管理したい。
    • 受注データに付随したドキュメント管理(図面、指示書)も可能です。また指示書や請書の発行も可能です。

    • 特注品や加工品等、商品に内訳(部材、原料素材、外注工程…)が発生することがあり、売上:仕入=1:1にならないことがある。また、お客様に内訳を提示する場合としない場合がある。
    • 商品の内訳登録が可能です。また、内訳の表示・非表示の設定も対応可能です。さらに商品にかかった原価の合計、粗利を正確に把握可能です。

    • プロジェクト(案件、企画、物件)の受注が発生する。
    • プロジェクトに紐付けた発注、仕入、売上、作業費の入力も可能です。

    • セット販売がある。
    • セット品販売する商品の構成品を自動で在庫消化させることが可能です。

    • 注文の状況管理を行いたい。
    • 注文の状況が一目で確認できます。例えば注文を受けた商品が発注されているか、仕入されているか等々、即座に一目で状況把握が可能です。

【販売管理・在庫管理業務に関してよくある課題】

お電話からのお問い合わせ お問い合わせフォームへ
クラウド運用
システム導入事例集ダウンロード一覧

現状抱えている
業務課題に対して

現状システムの
お悩みに対して


受注管理業務に関してよくある課題|在庫・販売・生産管理システムのアラジンオフィス
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。
受注管理業務に関してよくある課題のページ上部へ