Windows Server 2003サポート終了│Windows Server 2012対応システム「アラジンオフィス」

Windows Server 2003サポート終了

メーカーサポート終了に伴って起こるリスクとは?

脆弱性に対処するセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、サーバがウィルスなどから攻撃されたり、システムダウンや情報漏えいなどの危険性が高まります。

※セキュリティ更新プログラムとは?
マイクロソフトが提供する各種ソフトウェアのセキュリティ関連の脆弱性(セキュリティ上の問題点)を修正するために提供される修正プログラムです。

古いサーバは老朽化が進んでいるため処理スピードが遅くなり、使い続けると業務遅延など効率悪化につながります。消費電力や運用管理にかかるコストなど、様々な面で貴社にとっての『損失』が発生します。

サーバのメーカーサポート終了に伴って、他の関連製品やサービスのサポートも終了する恐れがあります。
古いサーバ運用に関わる「人」「モノ」も少なくなるため、どんどん使いづらくなっていきます。

サーバは普段の業務を行っていく上で欠かせない重要なアプリケーションが動作していたり、他にも周辺のシステムと連携していたりと、不具合が起こると影響範囲が広くなるため、
すぐに移行できるものではありません。

導入までのスケジュール

導入までのスケジュール

お客様に合わせたスケジュールをご提案いたします。
※企業規模等によってスケジュールは異なりますので、詳しくはご相談ください。

Windows Server 2012のメリット

サーバの仮想化技術の進化により複数台必要だったサーバを統合・集約することで、電気代等のランニングコストの削減を実現。

同じ仮想マシンを別の場所にも作っておくことができるため、万が一災害が発生した場合でも、業務に与える影響を最小限に抑えられます。

重要なセキュリティ機能を新たに搭載。認証やデータ保護などの機能も向上。正確かつ強固なセキュリティにより、不正なソフトの動作を防ぐことができます。

などのご質問をよくお伺いします。お客様が不安に思う上記のようなご質問を受け、
弊社の専任の担当者がお客様にとってどの方法が最適なのかを一緒に考え、ご提案します。
サーバ移行の“第一歩”。まずはお気軽にご相談ください。

お電話からのお問い合わせ お問い合わせフォームへ
クラウド運用
システム導入事例集ダウンロード一覧

Windows Server 2003サポート終了│Windows Server 2012対応システムのアラジンオフィス
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。
Windows Server 2012対応システム「アラジンオフィス」のページ上部へ